初めまして。
エッジ・テクノロジー株式会社 代表取締役の福本と申します。
まだ、平成29年10月10日に設立したばかりの新米社長です。

代表取締役という職は、当然会社の代表であると共に何か情報を発信して、これからの人達に情報をシェアすることも必要であるかと思い、FacebookもTwitterなどアカウントは持ってますが、何か発信しなければと思いブログを開設しました。

弊社はIT開発の仕事をしていますが、誰かの仕事を請負でやるというスタイルから離れて、自分たちのシステムを売ろうということで設立しました。

請負のスタイルでもビジネスモデルは確立出来ており、私は証券会社20年の経験があるので、どこの証券会社に行っても勝負出来る自信は十分ありました。

しかし、どんどん担当が縦割りになり、例えば約定系と残高管理系のコミュニケーションが無くて、グシャグシャになっていたり…
私自身は、今ではもう普通の事になった特定口座ですが、あのシステムを作った当時は、世界の中の日本という国の一つの証券会社のシステムを守っているという自負がありました。

要は、世界の中で自分のポジションは何なんだというのを勝手にですが作っていました。
なので、誇りもあり法律的な物も全て理解していたので、この知識が回りのためになると思っていました。

人間は、誰かのための仕事だとモチベーションが違うのも知っていましたし、自分の知識が誰かのためになればと思っていました。

しかし、とある日変化が起きました。
とある絶対に制度的にあり得ないことをシステム的にあったから、あなたの言ってることは違うと…
そのシステム的にあったことも直ぐに理解し反対弁論をしましたが、あったから内容は知らないというのです。

某大企業ですが、なんと無責任な回答なんだろうと思いました。

そこから、かなり悩みました。
そもそもこの仕事は誰のだめにやっているんだろうと。。
一番末端のお客様のことを考えながら、そして事務の人達が使いやすいシステムを考えることと考えていたのが、段々崩れ始めました。
今までの自負は何のためだったんだろうかと…

そこで今構想しているシステムをもっと使いやすくして、お客様に「ありがとう」と言われるシステムを作ろうと決意しました。

もう決意したら後は勢いです。
皆さんから無理じゃない?とか、散々言われましたが、無理というのは理屈が無いと私は思っています。
自分の中では、理屈も根拠もあるので、十分勝負出来ると思いました。

人間、一瞬でも出来ないと思ったら出来なくなってしまいます。
絶対に出来ると信じて、それを声に出して潜在意識を動かせば、何でも出来るのが人間だと思っています。
可能性はいくらでもあるのに、可能性を見逃しているのは自分の責任と常に思っています。

そんな新米社長ですが、今後ともよろしくお願いします。
また、いろいろ情報を発信していきたいと思いますので、そちらもよろしくお願いします。